スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオナシ

さっき、ベランダで夜空を見上げてタバコを吸っていた時に、


「千と千尋の神隠し」の、


カオナシが暴れるシーンをふと思い出しました。



私はこの映画が大好きで、

うちの子達よりもDVDを多く観てると思います。

テレビで放映してる時は必ず観ます。



カオナシが周りの物や人をザラザラ飲み込みながら大きくなるシーンは、

とても切なく哀しいです。


千尋への想いを受け入れてもらえず、

もちろん受け取ることもできず、

寂しくて悲しくて、

心が空っぽで、

カオナシは無差別に物や人を飲み込むことで、

心の空腹を満たそうとする。


正気を失って、

大好きな千尋にまで襲いかかる。



作り手の意図はそうじゃないのかもしれないけど、



私にはそう見えて、



なんだか自分自身を見ているようで、


悲しくなるのです。




食べても食べても足りなくて、



持っても持っても満たされなくて、



いつもお腹が空いている。



理由は、なんとなくわかってる。




さっき夜空を見上げてカオナシを思い出したのは、



幸せになりたいな



と思ったから。



どうやったら幸せになれるんだろう


と、考えたから。




何年前だったか、

前のブログの時に繋がっていたお友達の記事の中に、



「寂しいのは、あなたが寂しくさせたから」


って書いてあったのを、

今も時々、思い出します。




欲しがって欲しがって、


求めて求めて、


与える喜びを知らない



満たされないのはそのせい



頭ではそうわかっているのに、



いや、


わかってなかったんだな。



出来ない理由をいつまでも、


自分の身体の芯の深い暗い所で泣いている、


小さい女の子のせいにして、


その子を甘やかすだけで、


成長させようとしなかった。





なんでもかんでもお腹に入れて、

パンパンになったカオナシは、


千尋が真正面からぶつかってきたことで、

それを全部吐き出し、


最後は、


自分を受け容れてくれる場所


を見つけます。



そこでは、


与えることと与えられること


それが適当にあるんだろうと、

また勝手にそう解釈してます。






幸せになろう。



自分を幸せにしてあげよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。