スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋経済の記事

http://toyokeizai.net/articles/-/13415

「スーパーキャリア母!」
とか、

「社会」に対して自信と興味を失いつつあるワタシには煙たくて鬱陶しくて反吐が出そうな(そこまで言うか)タイトルの記事だったんだけど、

なぜかなんとなく読む気になって、

読んで、

情緒不安定なせいもあり、なんかちょっと泣いたりしてしまいました。


まず、
素人が偉そうに言うのもなんですが、

この
「東洋経済ONLINE」とか「DIAMOND ONLINE」
とかの記事って、
ホント、面白いですよね。

なにかの拍子で「誘導」されて、
ついつい、もともと探してた情報を忘れて読み耽っちゃう。
この記事も、どこから誘導されて行ったのか覚えてないなあ。

タイトルはもちろん、
なんていうんですか、
「小見出し」
も、いちいちキャッチーで。

これくらい小気味良く文章が書けたらどんなに楽しいだろう、
これだけの興味深い人や事象を集めてくるって、どんだけ感度の良いアンテナ持ってんだろう
って、
取材対象になる素晴らしい成功者の方々よりも、ワタシはライターさんを羨ましく思ってしまいます。




この、「資生堂の母」さん、
すご過ぎてお手本にしたいとも思えないですけど、
いまの自分のヒントになることはいっぱい書いてありました。

5ページ目とかは特に良かったです。


以下、勝手に引用、てか、引用の引用をさせていただくと、

================================================

それは資生堂名誉会長・福原義春氏による『私は変わった 変わるように 努力したのだ』という本だった。

幸せと不幸せは必ず二人組でやって来る。
 大きな幸せが小さな不幸せを運んでくれる場合と
 小さな幸せが大きな不幸せを連れてくる場合がある。
 どっちになるかはわからないが、
 必ず一緒に来るということだけは肝に銘じておこう。
 幸運に恵まれても有頂天になってはいけない。
 不運に遭遇しても決して落胆することもない。

「この一節を読んで、すごく励まされました。それと同時に、直属の部下でもないのに、落ち込んでいる人がいたら、目配りする余裕のある上司がいる会社ってすごいなと。よくよく考えれば、いくらスピードが命のデジタルの仕事をしているからって、私は人の話を聞く余裕を失っていたなと思いましたね」

===============================================


私は、
別にそんなに不幸じゃないし、
むしろ恵まれてるし幸せだし、

40もとっくに超えて今は一家の大黒柱なんだから、

いいかげん悲劇のヒロイン癖は直さないとなーと常々思ってはいるのですが、



今後、

”本物の”不幸に出会ったときには、

この言葉を思い出したい


なと。



まあ、
そんなことを感じたので自分のブログにUPさせていただきました。





うーん、

やっぱ、これではワタシはライターにはなれないなー












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。