スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

no title

しっかりしなきゃ



私がフニャフニャしてたらこの家はどうなるんだ



子どもらはどうなるんだ




しっかりしろ~


しっかりしろ~
スポンサーサイト

東洋経済の記事

http://toyokeizai.net/articles/-/13415

「スーパーキャリア母!」
とか、

「社会」に対して自信と興味を失いつつあるワタシには煙たくて鬱陶しくて反吐が出そうな(そこまで言うか)タイトルの記事だったんだけど、

なぜかなんとなく読む気になって、

読んで、

情緒不安定なせいもあり、なんかちょっと泣いたりしてしまいました。


まず、
素人が偉そうに言うのもなんですが、

この
「東洋経済ONLINE」とか「DIAMOND ONLINE」
とかの記事って、
ホント、面白いですよね。

なにかの拍子で「誘導」されて、
ついつい、もともと探してた情報を忘れて読み耽っちゃう。
この記事も、どこから誘導されて行ったのか覚えてないなあ。

タイトルはもちろん、
なんていうんですか、
「小見出し」
も、いちいちキャッチーで。

これくらい小気味良く文章が書けたらどんなに楽しいだろう、
これだけの興味深い人や事象を集めてくるって、どんだけ感度の良いアンテナ持ってんだろう
って、
取材対象になる素晴らしい成功者の方々よりも、ワタシはライターさんを羨ましく思ってしまいます。




この、「資生堂の母」さん、
すご過ぎてお手本にしたいとも思えないですけど、
いまの自分のヒントになることはいっぱい書いてありました。

5ページ目とかは特に良かったです。


以下、勝手に引用、てか、引用の引用をさせていただくと、

================================================

それは資生堂名誉会長・福原義春氏による『私は変わった 変わるように 努力したのだ』という本だった。

幸せと不幸せは必ず二人組でやって来る。
 大きな幸せが小さな不幸せを運んでくれる場合と
 小さな幸せが大きな不幸せを連れてくる場合がある。
 どっちになるかはわからないが、
 必ず一緒に来るということだけは肝に銘じておこう。
 幸運に恵まれても有頂天になってはいけない。
 不運に遭遇しても決して落胆することもない。

「この一節を読んで、すごく励まされました。それと同時に、直属の部下でもないのに、落ち込んでいる人がいたら、目配りする余裕のある上司がいる会社ってすごいなと。よくよく考えれば、いくらスピードが命のデジタルの仕事をしているからって、私は人の話を聞く余裕を失っていたなと思いましたね」

===============================================


私は、
別にそんなに不幸じゃないし、
むしろ恵まれてるし幸せだし、

40もとっくに超えて今は一家の大黒柱なんだから、

いいかげん悲劇のヒロイン癖は直さないとなーと常々思ってはいるのですが、



今後、

”本物の”不幸に出会ったときには、

この言葉を思い出したい


なと。



まあ、
そんなことを感じたので自分のブログにUPさせていただきました。





うーん、

やっぱ、これではワタシはライターにはなれないなー












五月晴

ついに、

寝逃げ状態に入ってしまいました。




今朝は、

息子が初めての中学校春季大会で、

(スポーツが全く苦手な息子が、中学に入学してなにを思ったのかバスケ部に入ったんです。)

ちゃんと間に合う時間に起きたのに、

頭の半分が痺れた感じでボーッとしていて、

いつも通りの手順で作ってるはずのお弁当がなぜか全然出来上がらなくて、


持ち物の準備も出来てなくて、


息子は予定の時間を15分送れて家を出ることになり、

予定が狂うとパニックに陥る子なので、

泣きだしてしまって、


申し訳ない気持ちでいっぱいのところに、

私の母が騒ぎを聞きつけて起きてきて、


またこの母が、

なんでもかんでもワイワイ大ごとにしたがる人で、

おまけにうちの息子を過剰に心配している人なもんだから、



息子を送り出してからも、

なにがあったなにがあったとしつこく尋ね、

今朝の時点で関係無い話まで持ち出して、

またキーキー言い出したので、


私は衝動的に、

そばにあった料理用のザルを投げつけて、

うるさいなもう!!!

って、叫んでしまいました。



叫んだあと、

ものすごくグッタリしてしまって、

なんとか娘のお弁当も詰めて送り出して、

シャワーを浴びて自分も仕事に出る支度をしていたんだけど、


眩暈がひどくなって、

眠くはないのに目を開けていることも辛くなってきて、

気づいたら、

ベッドに倒れこんでました。



何度か起き上がってみたんだけど、

すぐに、横になりたくなってしまい、

今、ようやく起きました。






なんでこんなに弱い人間なんだろ


こんなんじゃ、ひとりで子ども育て上げられないよ


って、情けなさでいっぱい


なんだけど、




今年に入ってから今日までの毎日、

もっと遡ってここ数年の日々

を振り返ると、



まあ、

そりゃ、



倒れても仕方ないか。



だって、ワタシだもん。



ワタシにしたらよく頑張ったほうなんじゃないの?




って、

思ったりして。






なんかもう、


赦してあげようかな、自分のこと。



常に己に甘い人間ですけど、

根本的に、ずーっと自分を責めて生きてるんで。





あー、

自分も楽に、

みんなも楽に、

してあげたいなー。





なんか嫌味なほど良い天気だなあ今日は。


ワタシやっぱり、


5月が苦手。



だいたい毎年、

抜けるような青空の下、爽やかな風に吹かれながら、



鬱々と過ごしています。

祈り

その人のために、


自分になにができるか、


一生懸命考えた、


その答えが、




なにもしないこと




だとわかったとき、



人は、


軽く絶望するのかもしれない。






ただ、幸せを祈る




なんて楽な答えでしょう


なんて無責任な答えでしょう




でも、


選択肢はそれしかない




自分には、


全てを請け負うキャパがないことははじめからわかっていたのだから。






無責任でごめん


いっちよかみでゴメン





祈る



ただ、



祈る。

家族ゲーム

とても面白い。

ただ、

櫻井翔君の演技が、惜しい。

ちょっと薄い。

凄みが足りない。

翔君、頑張っていて、

とても良いキャラができているだけに、

非常に惜しい。

観ていて歯がゆい。


私が演出家ならもうちょっと突っ込んで、

翔君からもっとえげつない部分を引き出すまで粘る。


松田優作の映画は観ていないけど、

最初は、

吉本荒野はやっぱり松田翔太のほうが良いんじゃない?

と思ったけど、

翔君のかわいらしさ爽やかさが、この主人公の不気味さを際立たせるんだろうな

と思い直した。

神木君はさすがに上手いが、これも、もう一歩踏み込んで!と思う。



茂之君が自分の息子とかぶってしかたない^^;

愛おしい。


板尾創路と鈴木保奈美は、まあまあ。

嗚呼、試練

試練

試練


あゝ、試練




仕事も、

プライベートも、


まあ、次から次へと。



そない、いっぺんに言うな。



いっこずつ言え、いっこずつ。



アタックNo.1のオープニングみたいにバンバン打ってきやがって。


女の子だもん涙が出ちゃうぞ。




もともと処理能力低い旧型OSしか入ってないから、


フリーズしまくり。


最新型をインストールしたいよ



鮎原こずえも最終的にはオリンピック選手になったんでしたか?

若ぶってるわけじゃないんですけど、

たぶん、初めて観たのが再放送で5才くらいだったんで、

話の内容は、最近よくある昔を懐かしむ番組で知った程度で。


でも、

オリンピックに出るまでの血の滲むような特訓は、

私には向いてない




なんしか、

とにかく、



毎日毎日、



あゝ、試練。




神様の課題が多過ぎる。





そうそう、


神様といえば、


月曜日、

コールセンターサボって、

京都の晴明神社で占ってもらってきました。

陰陽師の安倍晴明を祀った神社です。



ほぼヨイヨイのお爺様、

もとい、

神力溢れた宮司様に観ていただき、


すっごくスッキリして、

初夏の堀川通りを颯爽と歩いて帰った、



その夜に、

またコーチが、

変化球を打ち込んできて、


打たれて、

ヘロヘロになりました。






こんなわけのわからない、

抽象的な愚痴ばかりこぼしているのは、


具体的に話すのがややこしくて時間がかかるからなんです。




それを近いうちに、

小説ブログにまとめて、

それが話題になって、

書籍化、

映画化、

と進んで、


キャスティングはどうしようかな

私以外の役はだいたい決まったんだけど、

私の役は誰にしてもらおうかな

匿名の作家ってことにしてメディアには出ないつもりだから、

どうせなら思いっきり綺麗な女優さんに演ってほしいな



って、妄想して楽しんでます(^ ^)

麻痺

アンタ、血だらけじゃない!

って周りの人に心配されてるのに、




自分では、


どこが痛いんだか、


悲しいんだか苦しいんだかホッとしてるんだか、


ちょっとわからなくなってます。




とりあえず、


明日も仕事だから、


寝なくちゃ。


寝るってなかなかエネルギーのいる仕事。


がんばって寝るぞ

no title

昨夜、



大切なお友達個人に当てたメールの宛先を間違え、

ブログ記事として送信してしまいました。



送信2時間後に気づき、

すぐに記事を削除し、

お友達にお詫びのメールを送りました。



私の不注意により、


お友達に、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。





心よりお詫び申し上げ、



謝罪の意を、

ここに記事として掲載いたします。





誠に申し訳ございませんでした。










当ブログ管理人 Dulgenuts2(なつ)

Gambling

このまま行ったら、




自分、




壊れるか、



めちゃめちゃ強くなるか、



どっちかだな。





現時点では、


壊れかかってるな。





生まれ変わって最強牝馬になれるほうに、



賭けてみよ。

テーマパークにて?

絶叫マシンにずーっと乗り続けているような、


あるいは、


前後左右上下、どこからでもおどかされるお化け屋敷をずーっと歩いているような、


毎日を送っています。



事情を書くと、長く長く長くなが~くなってしまうので、

時間の都合でかけませんが、



いま、仕事に向かうために久々に一人で電車とバスに乗って、


ふと、


またなんか笑えてきました^^;



神さん、

よくまあ、

あちこちから多種多様の変化球を打ってくるもんだ


ブログのネタには当分困らないのに、

書く暇が無いのが残念。



気がついたら、

一ヶ月くらい、ほとんど毎日仕事してるなぁ。


GWって、もう終わったんだっけな?


仕事の無いときには、

家族はもちろんいろんな人のいろんな問題が降りかかってきて。



笑顔は伝染するんですね、ニコ

なんて書いた次の瞬間に、

鬼の形相でタンカ切ってたり、

ヒーヒー泣いてみたり。



くたびれる毎日だなあ。




だけど、


会う人会う人に、


元気になったね!


って言ってもらえるから、


きっと、これでいいのだ。



忙しいのは幸せなこと。



うん、

そうだ。


そうしとこ。


もうすぐ現場だ。


元気に葬儀司会!


…アカンアカン^^;

伝染



笑顔って、


伝染するんですね。



人の笑顔で、

私は助けられてるし、



気づくと、

自分の笑顔に、

自分が助けられてる。



周りの人の笑顔も、

増えてきたような気がする。

それは気のせいかな。


気のせいでもいい。



いつか、

そこらじゅうに笑顔が伝染して、


ニコニコ病が蔓延すればいいな(^ ^)







プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。