スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何mlかの涙

名実ともにひとり親になって、

一週間が経ちました。


長いような短いような時間でした。




今年に入って、

大袈裟でなく、

目から涙の出ない日はなくて、

10年分くらい泣いた気がします。

泣き過ぎて人相が変わってしまったみたいで、

久しぶりに会う人によく驚かれます。



でも、

泣く暇があったというのはすなわち

それだけ余裕があったってことなんだな


と、

今週に入って思い知りました。




仕事は毎日頑張ってます。



今日は休日で、

息子と花見に行くつもりでお弁当の支度もしていたんだけど肝心の花が咲いてなくて、


ウチの母が、

毎日一人で家に引きこもっている息子を不憫がって、

「お小遣いあげるから映画でも観ておいで」

と言ってくれたので、


二人で

「ドラゴンボールZ」

観てきました。


そんなに詳しくはないけど一応、ドラゴンボール世代のワタシとしては、

取ってつけたようなストーリーに「うーん(ー ー;)」て感じでしたが、

息子は面白かったらしいしよかったです。

フリーザとの戦いの時のような悲壮感がなくて、

なんか、ぬるーい感じの話でした。



経済的にも肉体的にもしんどくてさすがに晩酌も出来なくなったので、

このワタシが平日は全く飲まなかったのですが、

今夜は、

家に残ってたもらいものの洋酒を飲んでちょっとほっこりして、


ブログも更新しようかなーみたいな

でもほっこりすると、

やっぱりまたいろんな感情がワーっと押し寄せてきて、


また泣いちゃったりしてます。





続く。
スポンサーサイト

桜の下で

桜の下で
詞曲:若松 歓



出会えた時の桜の下で
君の瞳がまぶしそうに揺れている

明日を夢みたり 語り合ってきたけれど
いつの間にか言葉をなくしてしまっていた日々

― こんなに 近くにいたけれど

君の痛みも 君の叫びも
僕は 僕は 気づかずに

どんなに前を向いていたって
つらい事 悲しい事 あるけれど
君の涙 受けとめて
微笑んでいられる様に
強く 優しく 大きくなりたい


どんなに前を向いていたって
つらい事 悲しい事 あるけれど
君の涙 受けとめて
微笑んでもらえる様に
強く 優しく 大きくなりたい

この桜の様に ―

卒業

昨日は息子の小学校の卒業式でした。



開式前の卒業生入場から涙腺崩壊、

校長式辞、

PTA会長祝辞をはじめ、

教頭先生の「開式の辞」「来賓紹介」にさえ反応し、


式のハイライトである子どもたちの呼びかけと歌のときは耐えきれずトイレに駆け込み、


息子の出番を見損ねました。


帰りには、大袈裟でなく瞼が重くて視界が狭まって歩きづらかったです。


当然、バッチリメイクも剥げ落ちてほぼスッピン、

行きと帰りは別人でした( ;´Д`)



もともと、卒業式入学式に限らず運動会、発表会等々、
子どもの行事にはもれなく涙してしまうタチではあるのですが、


昨日は最初から最後まであまりにも泣きすぎて周りの人から絶対、引かれてたと思います。

いちおう、ひどい花粉症のフリしてたんだけど^^;




昨日は、元夫さんも式に出席しました。


彼は車、ワタシはチャリンコで別々に出かけたんだけど、

二人とも開式に遅れて体育館の入り口でウロウロし、

結局、最後まで一緒に行動してました。


体育館の一番後ろで、

人ひとり分くらい距離を空けて並んで、二時間立っていたのですが、

彼もワタシがずーっと泣いてるから引いてたと思います^^;



トイレに駆け込んでひとしきり泣いて式場に戻った後も、

子ども達の歌や呼びかけは、

もうお腹いっぱい、っていうくらいに延々と続き、

正直ちょっとダルかったですが、


卒業生が最後に歌った

「桜の下で」

という曲の歌詞には、

また泣かされてしまいました。




元夫と少し離れて並んで立ってると、

考えまいとしても、


娘が生まれてから17年、

こうやって、何回、一緒に子どもの行事に参加したかなあ

何回、

こうやって並んで子どもの姿を眺めて感激したかなあ



どのお父さんよりも一番目立つから、

子どもはすぐに私達を見つけて駆け寄って来た。


他のお母さん達にもよその子にも、

カッコいいパパだね~!って褒められた。


いつも自慢だった。



今日が最後かあ



私らも卒業だ。


とかって。



悔しいけど、


やっぱり今日も一番カッコいい。


でももう私のものじゃないのよね^^;





帰りに校門の前で、

それぞれ息子とツーショットを撮り合い、

そこで別れて、

彼は息子と食事に、

ワタシは市役所と銀行に向かいました。



引っ越しのこととか公共料金の手続きのこととかで少し話をしたんだけど、


彼の口調が、なんだか妙に優しくて、

彼のこんな優しい声を聞いたの何年ぶりだろうってちょっとびっくりして、


ちょっと気持ち悪かった(^◇^;)



本当は、


余計、悲しくなった。




またひとつ、イベントが終わりました。





残されているのは、


私が最も恐れている、


週末の彼の引っ越し


子ども達は、


もちろん、


頭ではわかっています。


だけど、


今まであったベッドの場所に出来る空間や、


空っぽのパパのクローゼットやガレージを見たとき、


どんなショックを受けるのか


そのとき私は子ども達にどう接するべきなのか


ここ数日それを考えると、

この先の経済的な問題よりも恐ろしくて、動悸が激しくなります。



気持ちをしっかり持って、向き合おうと思っています。

2013年3月某日

昨日は、姉弟子さん達と一緒に師匠の仏壇にお参りしました。



明日は、息子の小学校の卒業式です。



平日、仕事の休憩時間は、様々な手続きのために電話をかけたり銀行やらハンコ屋さんやらへ走り回って、

あっという間に一時間が経ちます。


今年に入って、生活の中から「昼食」という行為がなくなりました。

朝食も夕食も摂らないことが多いですが。

子どもの分は一応ちゃんと準備はしてますよもちろん。




でも今日は、

久しぶりにお昼ご飯を食べようと思いたち、

日清焼きそばUFOを買って休憩室に入って、

食べ始めたら、

隣りのテーブルに座った知らない女の子がコーヒーを自分のワンピースにひっくり返し、

見ていたワタシもなんか慌ててしまって後始末を手伝っていたら、


お昼休みが終わりました(^◇^;)


アメリカンドールのような可愛いワンピースにコーヒーをぶっかけてしまった、まるでワタシみたいにドジな彼女とお友達になりました(^^)


またお昼ご飯を食べ損ねたけど、

なんか面白かったです。



明日、息子は、中学校の学ランを来て卒業式に出るので、

(息子の小学校の男子はそうする子が多いんです。)

今夜になってやっと、ズボンの裾上げをしました。



明日は式が終わったら、市役所と銀行に行かないと。


常に、

次は何をしないといけないんだっけ

あーまたこれも忘れてる


って焦っているせいか、また動悸が激しくなってきました。




ワタシの頭では処理しきれない量のいろんな用事に追われながら過ぎる毎日が、


ありがたいような気もします。


ホッとした時に自分がどうなってしまうのか、ちょっと怖いです。

反省




いま、FB見てたらお友達のどなたかがUPされていて、

思わずパクっちゃった画像です。



「お」って誰の印なんかな?


わからないけど、


なんか元気出たので、


勝手に載せましたが、

このことでもし怒られたら、

泣いて謝ります。






しかし最近、

自分の文章が本当にめちゃくちゃで気持ち悪いです。


昔から支離滅裂なこと書いてたけど、

文法はもうちょっと確かだったのに、

今は中学生よりも下手です。

酔っ払って書くからかな。









本気

今回、


名前にけっこうこだわりました。



子どものためにギリギリまで離婚届に判を押せなかったのですが、


自分の名前だけは一刻も早く変えたかったです。


なので、

子どもの意見も尊重し、


子ども達とは違う姓になりました。




一昨日、会社を一日休んで離婚届を出し、やっとこさ確定申告も済ませたのですが、


当然のことながら、

いちいち、自分の氏名を確認せざるを得ない手続きばかりでした。


源泉徴収票や還付金の振込口座と、

今の自分の氏名が違うことに、

税務署に着いて初めて気づき、

お役所の人達が集まってどうしたらいいか考えてくれました^^;



昨日、会社では、

氏名変更の手続きが午後になったので、


午後から、

午前と違う名前で仕事をしました(^◇^;)






言葉と音に携わる仕事を長年続けていたせいかもしれませんが、

自分に限らず、名前の響きはとても気になります。


耳触りとしては、


元夫の姓のほうが綺麗でした。



濁音もなく、

氏名の最初と最後の子音が軽い破裂音、

まんなかはおもに長音と母音


柔らかく、美しい響きの、

まさに日本人の代表みたいな名前でした。



ただ、


同姓同名の有名人も多い、本当にありふれた氏名だったので、



何よりも個性を重んじる私に対しての、
これは神様の皮肉なんだろうか?

と思ったこともありました。




職場では午後から、

◯◯さん、

もとい、

△△さん、


と何度も呼び直していただきました。




昨日、早速報告を入れた弁護士の先生も同じでした。

でも、

先生、

今度はファーストネームで呼んでくれるようになったぁ(≧∇≦)



いや~んもう

反則~



あー、

先生のこと考えるとすぐ脱線する






そういう感じで、

実は旧姓よりも気に入っていた、

18年使った名前を、


捨てました。



職場では、

自分のブースに紙の名札を貼り付けるので、

午前中まで使っていた名札を、


午後には、

くっしゃくしゃに丸めてゴミ箱にうっちゃりました。





それでスッキリする!


と思ってたんだけど、





なんでしょうね




仕事中でも、

人と笑いながら話をしている時でも、


自分的にはぜーんぜん元気なつもりなのに、



フッと力を抜いて深呼吸した瞬間とかに、

急に涙が止まらなくなったりするのが困ります。





まあ、

そんなこんなもありつつですが、



今、

やっと、


本気で生きる覚悟ができたのかなと思います。


今までなんとなく、

だましだまし生きてきたけど、


ここでリセットできたら



という、希望もあります。






本気出して行くでーーー!!!




私が本気出したら怖いでーー!!

受理

さきほど、



夫さんが届を提出してきてくれました。


戸籍上も、旧姓に戻りました。



夫さんからの最後の言葉も、


やっぱり、家の二階からのメールでした^^;




今日は仕事を休んで、


これから確定申告に行きます。






新しい人生のはじまりです。

忘れてはいけない

東日本大震災から2年が経ちました。


ワタシが入社した大手消費者金融会社も、

14:30からの30分間は一切の架電回収業務を停止、

被災地のお客様への架電は終日停止でした。


テレビは全局特集番組、

アンカーマン、キャスターはこぞって被災地入り


注意書きのテロップが出された津波の模様が幾度も流れ、


日本列島は追悼の意に覆われています。




3.11を忘れてはならない



そう、

忘れてはならない。



だけど具体的に、

なにを覚えていなくちゃならないんだろ?



おバカなワタシはふと疑念に襲われました。




自然災害の脅威


被災者と呼ばれる人達の悲しみ

痛み

事後の生活

復興への取り組み


さんざん謳われた、人と人との「絆」



覚えておかねばならない大切なこと、たくさんたくさん、あると思います。




ただ、

あの地獄を味わった人達に、


忘れてはならない


って繰り返すのは、


もし、ワタシのような弱っちいヤツが同じ目に遭ったら、



それは、

しんどいなぁ


と、思ってしまいます。



辛かったこと、

痛かったこと、

苦しかったこと、



全部、忘れさせてあげたい



って思ってしまいます。





関係ないですが、


阪神大震災があった年、


ワタシと夫さんは結婚しました。



明日、

合意書が仕上がって、


離婚届と同時に双方が署名捺印し、


明後日には役所に提出の予定です。


夫さんの新しい住処も、今日決まったそうです。




今日初めて、

本当に別れるんだなと実感して、


阪神大震災のあった年のことをいろいろ思い出しました。






もう、いがみ合うこともなくなって、

今日は一緒に夕食を取って、


換気扇の下でタバコを吸いながら、


引越しのこととか子どものこととかを少し話して、


タバコ、やめなあかんなー

と二人で苦笑しました。





今初めて、

自分は悲しいんだ

寂しいんだ

辛いんだ


って、気づきました。




忘れてしまえるものなら、


一日も早く忘れてしまいたいです。

週末

あっという間に一週間が終わりました。



先週末も葬儀の司会で大阪まで行っていたので6日連続で働きました。


年が明けてから二ヶ月間の大部分を家で寝て過ごし、
また毎朝出勤することに不安を感じていたのですが、

なぜかめちゃ元気です。

やたら元気です。

そんな自分がちょっと不気味です。

元気なんだけど、

何を食べても不味くて、少し食べると胃がムカムカするし、

当然、お酒も身体が受け付けないし(全く飲めないわけではないのでちょびっとは飲んでますが^^;)、

そのおかげで、

体重が久々の40キロ台に戻りました(^o^)/

ここ数年、キツくて着られなくなっていた洋服がまた着られるようになりました\(^o^)/




夫さんとは、

一週間くらい前に、

弁護士先生に作ってもらった合意書をもとに話し合ったのですが、

養育費と慰謝料の金額調整がつかず、合意書にサインはもらえませんでした。



というか夫さん、

自分から離婚届を突き出してきたくせに、

いざこちらが専門家と相談して妥当な金額を提示したら、

「それだけの額は払えないからやっぱり離婚は無理」

みたいなことを言い出しまして、



なにぬかしとんねん

吐いたツバ飲まんとけよコラ


と、心の中でとってもお下品な関西弁呟きながらも、


養育費慰謝料とも、少しおまけしてあげることにしました。



それは、

周囲の離婚経験者

(今回働き始めたコールセンターでは、同期の4人のうち2人が再婚者、1人はシングルマザーに育てられた若い女の子、新人教育係の女性も再婚者という離婚率の高さ!)


すなわち多くの「先輩」方の話を聞いていて、


自分がいかに恵まれた環境に居るかを痛感したから。




ここ数年の間、

ワタシは夫から給与明細も預金通帳も開示してもらえなかったので、

夫の収入を知らなかったのですが、

今回、源泉徴収票を見ることが出来て、

ビックリしました。


夫さん、

私が把握していた頃よりずっと多く稼いでらっしゃいました(◎_◎;)

と言っても中流サラリーマンの域ですが。




家のローンも光熱費も給食費も塾代も固定資産税も夫さんの口座から支払われていたのは確かだけど、

それらを賄ってもまだ十分残っていたはず。



そんな状況で、


ワタシにはお金のことで常に文句を言い、

食費の他に電気代も負担しろと言い、


自分は、

高い車買って何本もサーフボード買って、

女と遊んでたんだ…



嗚呼、

この感情を人は殺意と呼ぶのね…



でも!

夫さんの稼ぎがちゃんとあるとわかったおかげで、

今後の生活もまあなんとかなる

と安堵できました。

だから本当に、

ワタシは恵まれています。





先生に、

合意書を作り直して欲しいと電話でお願いしました。


仕事の昼休みの間に先生から電話がかかってくると思うと、

研修中もソワソワドキドキ。


「新しい合意書、

自宅に郵送してもいいんだけど、先に旦那さんが開封する可能性もあるから、取りに来てもらえますか?


事務所は5時半までだけど、お約束があればそれ以降でも待ってますよ」


……


YES! !


事務所の営業時間後ということは、

私の経験上、

事務員さんは退社している。


ということは…


先生と二人っきりで会える!!


これって、妄想通りの展開!!


YES!! YES!!!



しかも、

費用の支払いについて尋ねると、


「 通常だと文書代プラス慰謝料の10%ですけど、

なつさんからそんなにいただくつもりはないし、

だいいちまだ慰謝料も振り込まれていないし、

その辺はまた、合意書にサインをもらって決着がついてから、あらためて話しましょう。


とりあえず来週は手ぶらで来てください」


ということは、

最低あと2回は会える!!



どうしよう~

嬉し過ぎる~


何着て行こう?


手ぶらで来てくださいって、手ブラで来てくださいって意味かしら??

いや~ん(≧∇≦)




喋る度に、ちょっとずつ、先生の口調が親しげになっていくような気がするのは恐らくワタシの妄想が膨らみ過ぎてるせいでしょう。



電話の後、浮かれ過ぎてお昼ご飯を食べるのを忘れてしまいました。




先生は既婚者。

奥様も法律家。


38歳の男盛り。


ハッキリ書くと身元がバレてしまいそうなので書けないけど、生まれ持っての事情で幼い頃から苦労してきた人。

でも高校大学時代は全国レベルで活躍したアスリート。


離婚や交通事故といった個人レベルの事件よりも、団体や組織に関わるわりと大きな事件を扱うことが多く、名前でググるといろんな裁判に携わってきたことがわかる(名前でググるって、ストーカーやん、ワタシ。)


それでも、こんなくだらない夫婦の痴話ゲンカにもちゃんと耳を傾け共感してくれる。


ユーモアのセンスもあって、弁護士さんにありがちな頭でっかちの堅物っぽいところがまるでない。


きっと、ワタシと同じように先生にホレてしまった女性クライアントは山ほどいるでしょう。


どの切り口から攻めようと、たとえ手ブラで行こうと、ワタシなんかが太刀打ちできる相手じゃございません。

手ブラで行ったら依頼辞退されるやろ。



だから、妄想片想いを楽しんでます。



でも来週は全力勝負で会いに行きます!!


今後のストラテジーとしては、

新しく作ったアナウンサーの名刺を持参して、クライアントじゃなくなっても仕事で繋がりを作りたいと考えています。



こういうおバカな妄想に浸ることで現実の痛みを中和させながら、


来週も頑張って生きていきまーすp(^_^)q

春の風

大手消費者金融のコールセンターに勤め始めて3日経ちました。


なかなか楽しいです。


テレホンオペレーターとして勤務している人が、正確な数は失念しましたが300人以上はいます。

大多数は派遣社員と契約社員の老若女女。

同じ日に入社したのは30人くらいかなあ?

もちろん、女ばっかりです。


いくつかの課に分けて配属され、

二週間は研修。

生保職員の入社時研修の期間と内容を縮小したような感じです。


月曜から今日の午前中までは業務資格検定試験のための、主に法規の講義、今日のお昼に試験でした。


久しぶりに脳みそが目覚めてチリチリ煮える感覚を味わえて、素直に心地良かったです。

つくづく自分は、

講義とか試験とか、いわゆるお勉強が好きなんだなーと自分で苦笑してしまいました。


そんなに好きならなぜ、お勉強が仕事だった高校、大学時代に怠けていたんだろう?


そっか、

お勉強は好きだけど「仕事」って言われるとイヤになっちゃうんだわ。

ダメだこりゃ。


でも大人になったからこそお勉強が楽しいって思えるんだろうな。



これからもずーっと講義と試験ならいいのにな~。


ずーっとお勉強して試験受け続けるのが仕事、っていう商売はないのかしら?




コールセンターの督促業務なんて、

正直言って自分が長く続けられるとは思ってません。



だけどこれからは自分の稼ぎで子どもを育てなきゃいけない。


それこそ、学問する楽しさを味わわせてやりたい。



だから、

しばらくはこの仕事を気楽にやらせてもらって、

その間に、

一生ものの資格を取って、

次にジャンプアップしたい。






そんな風に少し、気持ちが前に向くようになったのは、




今日の春の風のおかげかな。




陽射しが暖かいだけで、

なんだかホッとして、

涙が出ました。

いまいちばんの楽しみ

それは、


妄想。


タダで、

時間と場所を選ばず誰にも迷惑をかけずに楽しめます。





いま、

私と先生との道ならぬ恋は第4話です。



妻に先立たれ子供もない60がらみの優しくダンディな資産家が、

あなたとあなたの家族の応援団にならせてもらえないだろうか?

と言ってきてくれて、

それを知った先生は、

良かったじゃないですか!

と言いながら、どこか不機嫌なんです。


もちろんまだ指一本も触れていません。

このもどかしさが恋愛の最高の醍醐味!






うーん、

ワタシ、

だいぶ傷んできたかな~

罪人

子どものことをあんまりブログに書かないのは、


それがいちばん辛くて、

一番重大な問題だから


自分が悲しかったとか嬉しかったの話は誰かに聞いてもらって一緒に笑い飛ばしてほしいと思えるんだけど、




子どものことは、



罪悪感が強過ぎるからか、なかなか人に話せません。



子どもはなんにも悪いことしていないのに、

それどころか、健気に生きてワタシと夫という愚かな大人の生きる支えになってくれているのに、


いきなり、安心できる場所であるはずの家庭を奪われる。



身勝手な親は罪人です。

救世主

ネットサーフィンしていて見つけた、OKwaveの質問。


http://okwave.jp/qa/q7731138.html


ちなみに質問者は、ワタシじゃないです(^^;)


やっぱり、同じような気持ちになる人って少なからずいらっしゃるんですね~



昨日は早々と離婚合意書が出来たとの連絡があったので、

電車に揺られて事務所に出向き、2時間ほど話をしてきました。


家で一人で考えているときは胸が潰れて死んでしまいたいとさえ思う問題なのに、

ここで先生と作戦会議をしていると、なぜこんなに楽しい話題になってしまうんだろう?



夫との交渉の仕方のレクチャーを受けました。

相手がこうきたらこう返して。

なつさん、ホントにできますか?

がんばれますか?


なにかあったら電話してきて!





わかってますとも。


藁にもすがりたい今の状況で、

現れた救世主が小栗旬(をかなり親しみやすくした感じ)ですから。

K-popアイドルのファンになってるのと同じ。

どうこうなりたいだなんて夢にも、

・・・夢に見るくらいはしてるかもですが。

それでちょっと気持ちが明るくなるなら、誰からもお咎めナシですよね~


って、なぜかめちゃ言い訳してるし。


この質問の他にも、似たような相談をいくつか見つけました。

どの人も、

「問題が解決して嬉しいけど、先生と会えなくなるのが寂しい」

って言ってます。



わかる~~~




そんなもんよね~(^0^;)




肝心の、夫との合意に関する交渉についてはまた改めて。


目的地に着くことよりその道程を楽しみたいタイプなんです(^^;)




プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。