スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天文心理学者になりたい

もし、そんな名前の学問があるのなら。


だってね、

身の回りに、不思議過ぎる現象があるんですもん。


といいますのも、

ワタシの知り合いで、

ごくごくたまに、メールをくれる人が数人いるんだけど、

そのうちの二人が、

なぜか、

いつも、

決まって、

同じ日もしくは一日と間を空けずにメールを送ってくるのです!

彼らは全然違う場所に住んでいてお互いに全く面識もなければ名前すら知らない人同士なのに、

そしてどちらの方も、今では年に一度か二度メールが来る程度なのに、

ですよ。

しかも来る順番も決まってる。

だからAさんからメールが来たら、

Bさんからも来るだろうことが、

最近は予測できちゃうのです。



偶然と思えないほど何回も続くので、

この現象には何らかの因果関係が存在するのでは?

と考えるようになりました。

彼らは、何に誘発されてメールを送るのか??

そう考えながら夜空を見上げると、

白く輝くまんまるお月様が!

この現象は満月の引力のせい!?



それともうひとつ思い当たるのが、

メールが来るのは決まってこの季節。

春分の日とは地球に生きる生物にとって多大な影響を及ぼすまさに「節」であるとか…

そのせいなのか…


とかなんとか。



人間というか動物の行動って、すべて自然のリズムにかなっているんじゃないかな

って、最近とくにそう思うのです。



すべては引力のせい

みたいなね。



詳しい方がいらっしゃったら教えてほしいですわん
スポンサーサイト

入眠儀式

酔っ払ってないときはなかなか寝付けないので、

ケータイでブログの記事を打つ。



その時感じていることをただ徒然なるままに文字にするので、

どーでもいーことばっかりだし、

打ってると途中で眠気が来て、

たいていは投稿せずに下書きフォルダに入るか、寝ぼけて消してしまう。



だからワタシにとっては、

記事を投稿することよりも、

眠りに就く前の淋しさを紛らわす、

自分の気持ちを文字にして心から吐き出す

そのことに意味があるみたいだ。



なんかなんでか淋しい。

こうゆうときは抑鬱状態なんだな、

って、わりと冷静に自分の状態を把握できるようになった。

把握できてもコントロールはなかなか難しいんだけど。

でも理由もわからず不安に駆られていた頃よりはずっと楽。


そうだ。
少しずつでもワタシは進化していってるんだきっと。

人やお酒に頼らず、自分自身の力で苦しみを克服していきたいな。

出力不足のひとりごと

お店のブログを立ち上げたのはいいものの、

「開店のご挨拶」以来、3ヶ月も更新してない…(汗)

ラジオのブログも、一回しか書いてない…(汗)(汗)

このブログも、「下書き」がたまる一方で更新までいかない…

最近は友達へのメールも激減したなぁ…



嗚呼、出力不足。


情報収集は、結構マメにやってるんだけど。

以前のように、うざいほど「なんか言いたい!」って気にならない。

普段の口数も減った気がする。

なんか思ってても、口に出すのがめんどくさくなる。

人に伝えるほどのことじゃない気がして、

「ま、どーでもいーか」

みたいな。



こーゆー状態だと、

ラジオで2時間喋るのがキツイっす(*_*)

どっと疲れて、今日も昼間ずーっと寝っぱなしだった(-.-;)



人前に出るのも喋るのも、

お化粧やおしゃれも、

なーんか、億劫(´Д`)

家で子供と遊んだりぼーっとテレビ見てるときが一番楽しい

それよりも寝るのが一番好きf^_^;



春だというのに、

これじゃ、あきまへんなぁ(´〜`;)



なんだ、この記事( ̄▽ ̄;)

Jusqu'`a Grand-p`ere ライヴ

なんでもいいからブログを更新したい!なんか言いたい!


と思いながらどーしたものかうまく言葉が繋がらず1ヶ月。。。


昨夜は久々にかーなり心が震える経験をしたので、今日はがんばって最後まで仕上げたいです


 


昨夜、うちからチャリで15分ほどのところにあるライヴハウスに出かけて、素晴らしい音楽を堪能してまいりやした


出演アーティストはこちら


この素敵なアコースティック・デュオのギターさんとは、以前一緒にお仕事をさせていただいたこともあり、家が近くで子供の保育園が同じだったりして勝手に親近感をいだいておったのですが、


いつの間にか、ゴンチチさんやハカセタロウさんだけでなくなんとおフランスのクレモンティーヌさんとかとも共演し、TV-CMでも曲が流れるようなメジャーアーティストになられていて、


身内じゃないのに身内のような気がして勝手に誇らしい気がします


うちのFM局でも彼らの曲をBGMによく使わせていただいていることもあり、昨夜は局の人達と一緒にライヴ行って来ました


 


「楽器が唄う」


っていうのを、昨夜は体感しました〜


ヴァイオリンが、喜びとか情熱とか、人間の様々な感情を歌い上げてました。


ギターが、踊ってました。疾走してました。跳躍してました。


場所は、パリになったりスペインになったり京都の鴨川だったり奈良の吉野桜の前だったり、そこで、


ヴァイオリンとギターが、琴に、フルートに尺八に、太鼓に、肉声に、蹄音に変化しました。


 


大手化粧品メーカーのTV-CMテーマ曲になっている彼等の代表曲をはじめ、オリジナル曲はもちろん素晴らしいし、


既存の名曲も彼等ならではの味付けがされていて、聴かせてくれましたわ〜


「愛の賛歌」で、自然と涙が出てきちゃいました。


そんなしっとりじっくりと聴かせるナンバーありいの、


ライヴ終盤はラテンのリズムでみんなで踊って盛り上がりいの、


あっという間に2時間過ぎちゃいました。


 


ギターやヴァイオリンのテクニックについては詳しくなくて、「上手い」ことしかわからなかったんだけど、


まあ一応「演者」のはしくれとしては、


「間」の取り方がものすごく上手だと思いました。


ぐーっと迫ってくるような音のあとに、


キュッ!とブレイク。


この緩急織り交ぜた攻撃に、観る者はやられちゃうんですね〜


 


で、演奏しているお二人の表情がまた、すっごくイイんですよ。


全身で音楽を楽しんでいるのが伝わってくる。


表情って大事だなーとつくづく感じました。


 


こんなメジャーなアーティストさんなのに、こんな田舎の小さいライヴハウスで演るのは正直もったいないなーと思いましたが、


客としては得した気分です


 


ライヴが終わって少しお話をしたり写真を撮らせてもらって、


今度地元に帰ってきたときはぜひうちのラジオにゲスト出演を!とラブコールを送っておきました。


 


久しぶりに、ほんまに良いライヴを堪能させてもらいました。


しんどかったけど行って良かった〜


 


いまはツアーの真っ最中で、全国20箇所くらいを回っておられるそうで、


多くのひとに是非行ってほしい、超オススメライヴです


 


やったー、最後まで記事書けた〜

プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。