スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛について

最近はお仕事や子供やジムでいろんなことがあって、何度もブログの記事にしようとしたけどすべて「下書き保存」止まりです。

今夜こそ「投稿」ボタンを押したい!

あのね〜、

旦那さんの不貞を発見してしまったのです(T-T)

今日が初めてではないです。

ただ、今までは面と向かって問い質す勇気も真実を受け入れる余裕もなく、ただ「無かったこと」としてごまかしてただけです。

消してしまった前のブログからのお付き合いの方には、ワタシが強く出られない理由もお分かりいただけるかと思います。(笑)

先日も他の既婚女子が「結婚してからの恋愛ってアリですよね〜!?」
と強く同意を求めてきたのでつい、
「そ、そうですね〜。結婚生活って長いですからね〜。」
と返事したワタシですし、
その辺に関しては結構フランクなつもりなのですが、

やっぱり多少ショック。

でも、なんでしょう?

ショックよりも「よ〜し、ダンナに強く出られるアイテムゲット!」
的打算のほうが大きいんですよねf^_^;

で、

そんな打算的な自分を省みながら、「愛」について少し考えてみました。


ワタシは、どうしたいか?

以前のワタシは、束縛と独占欲こそが愛だと思っていた。

でも今はどう?

旦那さんとワタシは、好きな色も遊びも映画も違う。

違うけれども、ワタシは理解したいと思ってる。

お互いの好きなことを尊重しあって、協力すべきところは力を合わせて、
ワタシたちにとってかけがえのない家庭を守って生きている。

旦那さんは家庭人としての役割を十二分に果たしてくれている。

経済的精神的に、ワタシはこれからも、旦那さんの築いてくれた家庭の恩恵を被って生きていかざるを得ない。

とすると、

彼が心地よい時間を少しでも長く作ってあげるのが、ワタシの務めではないか?

14年も一緒にいてなおかつ精神病持ちの嫁よりも、よその気楽な女性と過ごすほうが、彼にとっては快適なのはワタシにもよくわかる。

相手の揺らぎも含めて受け入れ、最終的には自分が手を取って看取るのが、究極の愛ではないだろうか!?

そんな風に考えたのであります。


とりあえず、
旦那さんには「ワタシはこんなにショックを受け悲しんでいるのよ」とアピールし、

お仕置きがわりに、
今日、ジムでウエアを4着買ったことを帳消しにしてもらって(゜▽゜)

かつ、しばらくはワタシに家計の主導権が移るようにして…

ウヒヒのヒ♪
スポンサーサイト

ひとり記者会見

本日、ミュージカルオーディションの結果通知が郵送されてきました。

ドキドキしながら開けましたところ…

合格でした〜\^o^/


いやー、今回は募集人数は減って応募者数がかなり増えてたんで、マジでダメかもと半分は諦めてたんだけど、

受かっちゃった〜(^O^)/

問題は、体調の波。

最近は調子が良いけど、おそらくまた落ちる時が来るし、そこをどううまく乗り切るか…

でも、このミュージカルだけは、やり終えたときにやって良かった、生きててよかったって喜びが必ずついてくるのがわかってるから、

暴走しない程度にちからいっぱい頑張るッスp(^^)q

今度は前よりもっとレッスンに出て、ダンスと歌をもっとちゃんとできるようになりたい

上手になりたい〜!

芝居ももっと深くやりたい

できれば主役級の役が欲しい!(笑)

ワクワク(#^.^#)

当たり日

今さっきまで一所懸命に綴っていた新しい記事が、ぽーんとどっかに消えちゃいました。

書きたかったのは昨日(7/22)のラジオのことです。

昨日の日食、うちの近所で食の最大を迎えた時間が、ちょうどワタシの番組のオープニングの時間でした!

曲の途中で外に出て、びくびくしながら肉眼で見ちゃいました

曇りではありましたが、雲の切れ間からキレイな三日月みたいなお日様が拝めました

46年ぶりの一大天体ショーの瞬間に生放送ができるなんて、

記念すべきことだね〜

ワタシ達って、当たりだね〜

と喜んだのが、一つ目の当たり。


午後の番組が始まって、

楽しくおしゃべりしながら番組終了まであと僅か、となった頃に、

子連れの女性クレーマーが局に乱入してきて、

意味の分からないクレームと、パーソナリティの25歳ヲタ青年と社長への罵倒を1時間半

ワケワカンナイけど、ここは逆らっても事態が長引くだけだ、と、無言のうちに全員の意見が一致。

チームワークで女性クレーマーをなだめ、謝り、怒りをおさめさせ、やっとのことでお引取りいただきました。

見知らぬ人間にいきなり、支離滅裂な苦情(?)や個人的中傷を浴びせかけられながら冷静に対処した、社長はもちろん25歳ヲタ君に、ワタシは深い尊敬の念をいだいたのであります。

ワタシといえば神妙な面持ちで謝っているふりをしながら、この妙な子連れ女性クレイマーの経歴や生活や背負った人生を頭の中で必死にプロファイリングしておりました。

あまりにも個性的な人だったので、彼女をネタに小説書けそうな気すらしました


真面目な話、

小さなコミュニティFMといえどもマスメディアであって、いろんな人が聞いているんだな、怖いな、って実感しました。


これが昨日二つ目の「当たり」。

隕石は落ちてこなかったのが幸いでした

Audition

イッてきました


ヤッてきました


 ミュージカルのオーディション


先週の説明会で、2年ぶりに、スタッフさんや講師の先生方はもちろん、キャストで共演した懐かしい顔に出会い、気持ちはもうすっかり来年3月の舞台に向かっておったあわてんぼうなワタクシメでございますが、オーディションを突破しなければ次がないのでございまして。


しかも今回は、競争率が3倍ほどに上がったとか上がらないとかで。


そのわりに練習量が足りなくて


ここ二日ほどで詰め込んで、どうにかこうにか間に合わせたような


(ちなみに、前回のミュージカルはこんなカンジで)


 正直、ちょっと自惚れありました


「ワタシみたいなの(注:ちょっと小器用に芝居のできる大人)、ご入用でしょ?センセ


的な。


でも今日行って、そんな小器用な大人が他にも沢山いらっしゃることを知りました


練習量のわりに、ダンスも歌も芝居もまあまあうまくいきましたし、これでダメならしかたないッス。


 ただ、前回一緒にやらせてもらった方々の顔を見ると、またこのメンバーでやりたいっ!!と強く願わずにはいられないのですが


 そう!


今日のオーディションを迎えるにあたり、ワタシのモチベーションを最も高めたのは、


振付のヒサオ先生に1年半ぶりにまた会える


ことで、


 ワタクシ、ヒサオ先生に会うために時間ギリギリまで鏡の前でヘアメイクに勤しみ再会に望んだのでありますが、


 オーディション会場に入って先生を確認するなり顔が紅潮してしまい、


結局、恥ずかしさのあまり一度も先生の姿を視野に入れることもできず、ひたすら先生の斜め上方の壁を睨みながら踊ってしまいました


 


とりとめもございませんが、そんなこんなでございました。


 


なんだかんだいって、自分は、内容に関わらず単にオーディションが趣味なのかなーと、思ったりします


落ちたら正直に「落ちた」ってブログに書きますので、そのときはどうぞ一緒に笑ってやってくださいませ

花火

ゆうべはうちの近所の花火大会でした。


家から10分も歩くと絶景スポットにたどり着けるのが、ここに越してきてよかったと思えるポイントのひとつです。


娘っちはおにゅーの浴衣を着てお友達と出かけ、ダンナさんはメンドクセーからベランダから見るわと言ったので、息子っちとオカンっちとワタシとで観に行きました。


堤防は良い風が吹いてて、持参した缶ビールをオカンっちと回し飲みしながら観る花火はサイコーでした。


 


去年の今頃はほとんど寝たきりで、花火の音をベッドで聞いてました。


おととしは、花火を見てたらなぜか涙が止まらなくなって、息子の手を握りながら号泣してました。


 


今年は、


まるで生まれて初めて花火を見るように、その鮮やかさと眩しさと振動が目と耳に飛び込んできました。


 


まだ杖をついてゆっくりとではあるけれど、痛みもなく歩けるようになった母と、


まだまだママに甘えてくっついてきてくれる息子と、


一緒に花火を楽しめる。


 


元気でいられるって、本当にありがたいことだね〜


 


母とふたり、しみじみとそう語り合っちゃいました。


 


どーんどーんと力いっぱいに開く花火が、


「生きろ〜!ちからいっぱい生きろ〜!」


と、応援してくれているような気がしました。


 


 


 

ZUMBA!!

今日(7/16)は、ジムのスタジオエクササイズの中で一番好きな「ZUMBA」のレッスンがあったのに、休んでしまって後悔しきりであります


ラテン系+(たまにワールド系)ダンスとエアロビクスとヒップホップと格闘技系パフォーマンスとジャパニーズ歌謡曲が混ざった「同じアホなら踊らにゃソンソン!」的エクササイズは、ワタシの血に一番合ってる気がします。


今朝、子供を送り出して洗濯機をセッツ!して、洗濯が出来上がるまでちょっとだけ寝よう、


と思って横になったら・・・気づくと正午


やべーよ、今日は家事してからジムに出かけて筋トレしてZUMBAだべ?


と焦りながら衣装部屋に上がったはいいけれど・・・


そこのベッドを見るなり何か抗えない力に引っ張られ、ダウン


気づくと午後2時


もうレッスンはとっくに終わってる時間でございました


あ〜〜あ、あ〜


朝から何も食べずに寝ていたので無性にお腹が空いてそこらじゅうの食物を食い漁り、


なんでか、またダウン


「ちょっと!晩御飯どーすんの!?」という、オカーサンの怒号に起こされたのが午後5時。


 


どんだけ寝るねん


 


確かに、ラジオの生放送が4時間続く日の前日はほとんど眠れず予習や本番の心配をしておりますし、


本番は「そのテンションはどこからでてくるんや!?」と自分でも不思議なくらいの馬力で喋っています。


 


でも、たかが週1回6時間の拘束でこんなにくたばっていては、この先が思いやられまする


常々、実感しますが、ワタシの脳と身体には、食物よりも睡眠のほうが大切なのであります。


脳を使って疲れたときには寝るしかないのであります。


 


とはいえ、週明けにはミュージカルのオーディションが控えているというのに・・・


週に2回しかないZUMBAのレッスン


ZUMBAのレッスンでオーディションのオリジナルダンスの課題のヒントをもらうつもりでいたのに〜


 


踊りたい〜


腰が抜けるまで〜


 


 


昨日、25歳男子に「カワイイ」って言われてこっそり有頂天なDulge38才


 


 


 


 


 


 

イイカンジ?

久しぶりなので思うように文字が綴れないけれどもなんとか記事をUPしたいので頑張ってみよう。

ここしばらくのあいだに様々な小さな変化があったのでそのへんを記録。


まず娘と自分の年齢が変化。

世界のKING OF POPの住むところが、この世からあの世に変化。


自分の体調が悪い方向に変化。

急性胃腸炎でラジオの番組を1回お休み。
最初のあの異様に高かったモチベーションはどん底に変化。


と、ここで、


母が退院して家庭内が変化。

ワタシに処方される薬が変化。

悩んだ挙句、清水の舞台からダイビングしてスポーツジムに入会(そんなタイソウなもんかい)、毎日通うようになって生活リズムが変化。

当然のことながら日々の運動量が変化。

睡眠の質が変化。眠剤の量が変化。

食欲が変化。

2週間通って、なぜか体重が+2kgの変化(汗)。

しかしながら体感的にはマイナス10kgくらいの変化。

家事や仕事のスピードも変化。

ラジオ含め、仕事の量も変化。

仕事に対する意欲も仕事の質も若干、上向きに変化(?)

ココロの重さも変化。

ラジオ局でのお友達の数も変化。

あ、そうだ、髪型も変化。

ほとんど失いかけていた「美しくなりたい」という願望が甦ってきたというココロの変化。

これまた悩んで一旦は諦めた、例のミュージカルのオーディションを、やっぱり受けようと心境が変化。



そしていま、ケッコウイイカンジ



あー神様、


高望みも欲張りもしません。


だからこの今の調子の良さを、1分1秒でも長く続かせてください。


お願いします。















俯瞰

よっこいしょーいちー!


今日という今日は、ブログ更新するでぇ〜!!


 


いろいろありましたで〜


日々是波乱バンジョーテケテケ


たとえヴぁ〜


 


あかん


スイマーに襲われる


zzz・・・


 

プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。