スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママと、見いや!

はい〜、超ベタですみま千昌夫。


先日、ワタシのママと映画「MAMMA MIA!」を観てまいりました。


ちょっと遅ればせながら、感想。


メリル・ストリープが痛々しいくらいに頑張ってました。


というか、あんなにハジケて楽しそうな彼女を初めてみました。


あの知的でちょっと怖そうな四角いお顔がとってもキュートでセクスィに見えました。


映画全体は「おばちゃんたちのバカ騒ぎ」っていうのがワタシの印象だけど、


とっても楽しかったです。


ストーリーはあってないようなもので、最後は「なんじゃそりゃ!」ってツッコんでしまいましたが、


そんなのどーだっていーんですよね、ミュージカルですから。


CMで公開されてる、桟橋での「Dancing Qeen」のシーンをはじめとして、期待を裏切らない素敵なダンスシーンがいっぱいでした


キャストも良かったです。


娘ソフィ役のアマンダ・セイフライドは安室奈美恵似でめっちゃ愛くるしい女の子だったし、


父親候補役の3人もそれぞれイケてるオジサマたちで、


ピアーズ・ブロスナンは歌はイマイチだったけどさすがにイイ男で、


特に良かったのは主役ドナの親友の2人の女性、


「ハリー・ポッター」のウィズリー夫人(ジュリー・ウォルターズ)と、クリスティーン・バランスキー。


このクリスティーン・バランスキーってお方はダンスとボディラインのキレの良さが「本物のミュージカル女優」って感じでグッときました


ところでミュージカル映画って、歌はみんな本人が歌ってるんでしょうか?


本人だとしたら、メリル・ストリープってすごい上手だなと感心しました。


 


うちのマンマはメリルより2歳年下なので、「あー、私もがんばらなあかんわー!元気出たわー!」と、CMで劇場を出てきて感想を言ってる人みたいな感想をもらしていました


長年の夢があって、それが今年叶いそうでただいま奮闘中のうちのマンマはこの映画でさらにモチベーションアップされたようで、ちょっとはた迷惑なくらい元気をもらってきました


ワタシは、主人公ドナが娘ソフィの結婚式当日に花嫁支度をするシーンで、ちょっとジーンときました。


娘って、宝石みたいです。


12歳でワタシの背を追い越してしまった、そのくせベタベタくっついてくる超甘えん坊のうちの娘を思い、とっても愛おしくなりました。こうして一緒にいられる時間をもっともっと大切にしたいと思いました。


 


そんなカンジで。


やっぱ、オトナの女性にオススメの映画ですね

スポンサーサイト

埴輪

4月の陽気のあとは雪。お天道様はナンボ気まぐれやねん!ひとのふり見て我がふり直せ。


どちらさまもお風邪など召されませぬように。すでにお召しのかたは一日も早い平癒をお祈り申し上げます。


 


退院してもうすぐ3週間が経とうとしています。


その間に、司会のお仕事復帰第一戦があり、地元のコミュニティラジオ局の一次オーディションがあり、次いで2次審査がありました(一応採用していただけることになったみたいです)。


そのほかには入院していた病院に外来診察に出かけ、入院友達やスタッフさん達の顔を見て懐かしかったりしました。2週間しか経ってないのに故郷に帰ったような気持ちになりました。


家事の勘も少しずつ戻ってきて家の雰囲気も落ち着いてきたように思います。


が!


なんか、ものすごくしんどい。眠い。ちょっと時間があるとすぐ横になってしまう。


特にハードな生活を送っているわけではなく、むしろだらだらゆるゆる暮らしているのに、


ちょっとした外出で、ありえないほどの疲労感が・・・。


特にお仕事関係は、前日と当日の朝は緊張と焦燥でパニック状態に陥るので、安定剤を連続服用。


でもなんだかんだいって本番は落ち着いてうまくいったのでめでたしめでたし


で、帰ってくると、笑顔も元気も使い果たして、


サムネイルこんな顔になってます。


なんてゆんでしょか、シャバの空気は刺激が強いッス。


お仕事は、いきなりバリバリやるつもりだったのではなくて、たまたま時期が重なっただけなので、ここらで一息入れて、体調のバランスを整えようと思います。


今年はワタシ個人よりも家族にいろいろと動きがあって、ワタシはフォローに回ることになりそうなので、体力つけてフットワークを軽くしておかなければ。


・・・といいつつ、今日もコタツで寝てばかり

今度はちゃんと帰ってまいりました。

節分を過ぎて昨日はびっくりするような暖かな日差しに恵まれました。


どなたさまもお元気でお過ごしでしょうか?


 


私のほうは、おかげさまで、1月29日に無事退院いたしました。


 


たくさんの温かい励まし、お見舞いコメント、本当に嬉しかったです。


ありがとうございました。


 


  入院した日に病棟の窓から見た鮮やかな紅葉が、いつの間にか茶色く枯れ落ち、枝に白い雪が積もり、退院の日の庭には小さな赤紫色の梅の蕾をたくさん見つけました。 
そしてこの春の訪れを感じさせるうららかさ。やっぱり時間は容赦なくとうとうと流れているんだなーと実感する今日この頃です。


 


 3ヶ月半という時間は長かったようであっという間だったようで、帰ってきてしばらくは竜宮城から戻ってきたような、なんだかヘンな感じでした。


退院前、外泊で帰宅して病院に戻るとどっと疲れて寝てばかりいたので看護士さんから退院後はくれぐれも頑張り過ぎないようにと釘を刺されましたが、それほど頑張っているつもりはなくてもやっぱり主婦の労働ってけっこうハードなんですね。


1ヶ月くらいはぼちぼち馴らし運転で無理しないように、と言われながら、退院して3日後にはラジオのオーディションを受けたり(これはずっと前から狙っていたのでどうしても外せなかったのです)、仕事の打ち合わせに出たり、娘の中学校入学説明会やら準備やらで毎日なんだかんだバタバタしております。


そのせいか復帰1週間にしてもうバテてきた感が・・・今日は家でぐてーとノビてます。


 


100日の入院生活の間に、いろんな人と出会い、いろんな本を読み、いろんなことを感じ、いろんなことを思い返し、いろんな自分に気づき、これからのいろんなことを考えました。


しんどくなったり、悲しくなったり寂しくなったりもありましたが、少しずつ気持ちが落ち着いて、最後には自分でも驚くほど穏やかな精神状態で過ごせるようになりました。


孤独と不安にふるえて何かにすがりつかないととても一人では立っていられないようなときにも、そんなふるえる自分をじっと見つめて、「大丈夫だよ、あなたには私がいるよ。ここにいるよ。」と抱きしめてやることができるようになりました。


これってちょっとヘンに聞こえるかもしれないけど、こうとしか言いようがなくて


自分の中に、大人の理性や常識ではうんともすんとも動かないだだっこが住んでいて、その子がいつもひどく怯えて泣き喚き、時には暴れる。その子を閉じ込め黙殺するにはそのぶん余計にエネルギーが必要になるし、閉じ込めたつもりでもその存在は抑圧されて膨張し、思わぬ形で歪みや爆発を生む。


それを解決するにはまず鍵を開けて幼い子供の自分を解放し、大人になった自分が彼女(彼)の訴えを聞いてやり、もう大丈夫怖くないよと言い聞かせてあげること。


これは、AC(Adult Children・・・子供時代に機能不全家族で育ち心身に傷を受けた成人)という概念を知り、また自分自身をもう一度深く見つめ直した上でワタシが行き着いた「セルフ・ヒーリング」です。


っていうほどたいそうなものじゃないですけど


「行き着いた」というにはまだあまりにも勉強不足なので、これからもぼちぼち勉強して行きたいと思っています。


 


そのほかに気づいたのは、「自分を持つことの大切さ」と言えばいいのかな。


どうもワタシは、周囲の人の感情をキャッチするアンテナが敏感すぎるようで、たとえばその場に一人でも不機嫌な顔をしている人が居たらすぐそれを自分の責任のように感じて苦しくなってしまう、ということが子供の頃からありました。他の人の感情が優先されて、自分の感情がわからなくなってしまうのです。


ある友人が「目の前の人の感情は他人のものであって、自分のものではない」と教えてくれました。なるほど、と深く納得しました。


逆に、自分が苛立っていたりすると、目の前の人の存在が急に不愉快に感じたり、なんでもないことを許せなかったりします。


それは自分の感情が不安定なだけで、目の前にいる人には何の関係もないのです。


だから、人に対して不快を感じたらまず、自分の心の状態が大丈夫かどうか、省みることを覚えました。


そうすると人と接していてひどく感情が乱れたり相手を傷つけるようなことは滅多になくなりました。


それともうひとつ、ワタシは「自分のペース」を守れないとすぐにアタマがとっちらかってしまう人間で、しかも動作があまり素早くない、要領が良くないどうも、ひとつのことをやり始めたらとことんまで完璧を目指してしまうこだわりの強いヤツのようなのです。


だからなんでもサクサクパパパッとこなしてしまう、ウチのダンナさんみたいな人と一緒にいると、どうしても行動にズレが出てきて、ワタシは焦ってしどろもどろ、向こうはイライラしっぱなし、という最悪の状況が出来上がってしまうのです。


だからワタシはまず、焦ってあれもこれもに手をつけないで最低限のことをこなす。そして不必要に急かされたら開き直って「ちょっとタンマ」と手を挙げる


周りの人たちがなんでも出来て立派だなあすごいなあと感心しても、それに焦らされない。


人は人、自分は自分。ワタシだって、頑張って生きてるんだもの。


今まで何度も自分にそう言い聞かせていながら、なかなかそれを認めることが出来ませんでした。


こんな自分ではいけない、こんな自分では生きてる価値がない。


子供の頃からのすり込みは強烈で、自分を卑下する癖を直すのは容易ではありませんでしたが、


今ではだいぶ、考え方も変わってきたように思います。


 


そうは言っても、毎日時間が流れ空気が流れ生活していく中では、嫌なことしんどいこといろんなことが起こるし、感情だって常に生まれ消えます。いつも悟りの境地ではいられない。


特にワタシは月の満ち欠けで精神状態が大きく変わってしまう、なんの外的刺激がなくても勝手に揺れてしまうやっかいな病気を抱えたオオカミ男のような人間なので、また必ずしんどいときはやってくる。


そういうときもある。誰にでもある。対処の方法は自分なりのやり方でいい。だけど自分の命を粗末にしたり、自分を傷つけたり貶めるようなことだけはしない。


 


とにかく、まずは自分を大切にすること。


ナースやカウンセラーさん達にも何度も何度も繰り返し言われたことです。いいトシをしてこんなこと言われてるのも恥ずかしいですが、ワタシには一番、大切なことでした。


自分を愛していないと、人を愛することもできないんですよね。


ワタシは家族を愛し幸せにするために生きて行きたいです。


 


なんかだらだら書いてたらまとまりがなくなってしまったけど、こんなふうにあーでもないこーでもないと思い巡らしながら家族に囲まれて暮らせる自分は幸せです。言い聞かせてるんじゃなく、心からそう思います。


 


そんなわけで、これからもどうぞよろしくお願いします
(めちゃめちゃ適当なまとめ方ですが


 


 

プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。