スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Una Verdad

All You Need Is LOVE.


All You Need Is LOVE.


All We Need Is LOVE,...LOVE


 


LOVE Is ALL We Need...

スポンサーサイト

きっちゃった

寝ようとしたけどまたモヤモヤしてきて、


髪が切りたくてたまらなくなってベッドから出て、ハサミを持ってお風呂に直行しました。


美容院にも行ってないのでボサボサでうっとうしくてもう。


Before


ホントは丸坊主にしたかったけど思いとどまり、「ラストフレンズ」の上野樹里をイメージしながらおもいっきりジョキジョキ今まで知らなかったけど、ワタシ、なかなか器用だ!


After


こんなに短くしたの生まれてはじめてかも!


朝、家族の驚く顔が楽しみだ〜


 

アレガデネーゼ

いろんなお気に入りブログにお邪魔して共感したりへーと感心したりして、コメント残したいと思う。


最近SNSに登録して、いろんな人とちょっとした会話を楽しみたいと思う、ちょっと気の利いたコトバで。


外に出ない毎日で唯一の話し相手である家族と(特に娘と)いっぱい楽しいお喋りがしたい。


そして何より、ブログに書いて残しておきたいことがいっぱいある。


なのになのになのに、


アレよ、アレ!


ソレ、知ってるよ、そのアレでしょ?


そのクイズの答え知ってる!アレよ!


その俳優さんの名前でしょ?あの人のアレやん!


あ”〜〜〜〜!イライラするっ!!


アレやんか、アレ!!


なんで出てこないの!?


 


シラフだったのに昨日の記憶が曖昧。


一生懸命観てるはずのドラマの内容も思い出せない。


どうなっちゃったのワタシのアタマ?


前からちょっとヤバくはあったけど、


今はちょっと生活に支障をきたすほどヒドイ。


いよいよ本格的に壊れてきたんかしら?


でもそれで良いこともある。


困った問題も辛い記憶も忘れてしまえること。


何に対してもあまり何も感じない。


焦りそうになると自動的に思考がフリーズしてくれる。


これが老人力というヤツでしょか?

失念スリーパー

最近どうも娘のバレエのレッスン日が多いと思ったら、なんと発表会まで残り2週間を切っていた。まだ新しいトゥシューズも買っていないし、こんな体調で当日世話係として外に出られるのだろうか!?


もうすぐ母が我が家の新しい家族としてやってくる。昨日父が引越しの日を提示してきてワタシは「オッケーオッケー」と軽く了解したものの、よく考えたらその日は発表会当日ではないか!


そしてなんと今日は母の誕生日でわないか!!毎年この時期はなんだかんだ忙しいのだけれど、母の誕生日を忘れたことはなかった。今年は四六時中家にいてぼや〜としているくせに、なんで今の今まで思い出さなかったのワタシ!?


あーボンヤリ居眠り女王にもホドがある・・・


眠剤飲んだのに全く寝られずまたぼんやり海外ドラマ見てるしーー。


あー


うー


ぐー

おかあさんっていいにおい

長女R子からの母の日のプレゼント。


「お風呂好きなママへ」


R子ありがとう。


最近は大好きなお風呂さえサボりがちのぐだぐだのママで、ごめんね。


お風呂であなたといろんな話をするのはとっても楽しい。パパには「いつまで入ってるんや」ってよく叱られるけどね


これからもママにいろんな話を聞かせてね。


けどこのカワイイプーさんの入浴セット、使うのもったいないよ


「せっかくあげたのに、なんで使ってくれないのよ!」って、ワタシもよくお母さんに怒ってたけど、今はその気持ち、わかるわ


ありがたくって、もったいなくて、ずーっと取っておきたいもん。いまのあなたの気持ち。

太陽が恨めしい

母の日だ。


 


今日はミュージカル仲間のコスちゃんのフラメンココンサートの日だった。


ワタシは舞踊の中でも特にフラメンコに惹かれる。惹かれるというよりは「血が求めている」気がする。大学も外国語学部のスペイン語学科を専攻していたくらい。


当然、今日のことも楽しみにしていた。チケットも買った。


なのに行かなかった。


朝一度起きたのに、また寝てしまった。「早く起きろーー!」と自分自身も子どもも急かすのに、どうしても起き上がれない。


すごく行きたかったのに。コスちゃんごめんなさい。息子、ごめんなさい。


母の日のプレゼントがわりに実家の母をコンサートに招待したが母の都合が悪く、結局代わりは何も用意していない。お母さん、ごめんなさい。


 


病院の診察予約をすっぽかしたため4日前から薬が切れていて、そのせいか激しいめまいがする。運動会なんかでバットにあたまをくっつけてそれを軸に何週も回ってから走るレースがあるが、歩くとまさにあんな感じ。まっすぐ歩けない。


ここ数ヶ月は寝汗がひどい。お酒のせいかとおもっていたけど、もう断酒して数週間が経つのに目覚めると下着もパジャマも、ひどいときはシーツまでぐっしょり濡れている。膝を立てて寝ていると、汗が足を伝って流れるのがわかる。もともとあまり汗をかかない体質だったので、この大量の寝汗はちょっとした脅威だ。


最近は寝言も激しいらしい。寝てばかりいるから脳が喋りたがってるのかな。うちは夫婦の寝室で子どもも一緒に家族4人が枕を並べているので、家族から「ママ、寝てるときうるさい!」と苦情が出ている。ワタシ自身もどうすればおとなしく眠れるのかわからず、困っている。


自分も自分の寝言の大声で目が覚める。毎晩とてもリアルな夢を何本も観る。自慢の割舌と声量でこ難しい話を誰かに一生懸命説明していることが多い。


変わった形の容器の体積の求め方を娘に教えている、とか、生徒会長だった中学生の頃に戻って先生たちと戦っている、とか。なぜか舞台は学校であることが多く、自分の制服姿にももう慣れた(笑)


夢で頑張りすぎているせいか、起きるとぐったりしている。


 


こんな良いお天気の日曜なのに。大好きなひとたちと楽しく過ごしたいのに。なにやってんだワタシは。


 


霞だか霧だかでモヤモヤ煙っているワタシの脳の上にも、おかまいなしに太陽はしゃんしゃんと降り注ぐ。


 


 

今夜もベッドは悩ましい

ベッドに入ったけど急に思い出して、どうしても調べたくなったり文字にしておきたくてムズムズすることって、ないですか?


ワタシはしょっちゅうあります。


いまなんか、なぜか走って二階から降りてきてしまいました。


こんやは3つありました。


瀬戸内寂聴訳「源氏物語」を読んでいたら光源氏のあまりの浮気性に腹が立ってきて「なんじゃこのスケベ野郎!」と本を投げ捨て電気を消して寝ることにしたんです。そしたら急に頭に浮かんできたことが気になって気になってどうしてもPCで調べたくてたまらなくなって。


そのうちのひとつが、


大分麦焼酎二階堂のテレビコマーシャル 


ワタシは以前からこのCMのシリーズが大好きで、テレビで流れるとつい動きを止めて見入ってしまいます。


特に好きなのが昨年あたりから放送されているバージョン。


で、ネットで検索してみたらなんと


大分むぎ焼酎二階堂CMファンクラブのページ


なるものが存在するのですね!


なるほど納得。うんうん、あのシリーズは確かに15秒のドラマですもの。もともと幼い頃からCM大好きで一時はCM制作の仕事に就きたいと本気で考えていたこともあるワタシとしては、ずっと気になる作品であったのです。


もうずいぶん前からオンエアされているのでいまさらリンク張ることもないかと思うけど、こんなCM。


大分むぎ焼酎二階堂CM「文字のかけら」


音楽、映像、そしてナレーション、すべて素晴らしい。


観るたびに切なくなる、胸がきゅぅぅとする。心筋梗塞かなぁ。


 


「イエスとノー。


その二つの間には、何もないのだろうか。


 


筆を走らせたのは、宙ぶらりんの想いでした。


想いのかけらは朽ちることなく、ざわざわと心を揺らします。」


 


そして字幕。


「時代という言葉が 少し耳ざわりです。」


 


こんなコピーを作れるライターさん、羨ましい。


CMって15秒しかないところがイイ。言葉も音も画も全部、究極に削ぎ落とされ煮詰められたエッセンスだけで、人のこころを掴む芸術。イイなぁ。


 


さ、文字にしてスッキリしたところで、寝ましょ。


 


残りふたつの気になるコト。


ひとつは、いつか自分が小説を書くならタイトルはコレ!とずっと前から決めていた文言があるんだけど既に誰かが使っているのでは!?と急に気になったので調べてみた。


充てている字は違うがやはり既に使われていた。くそう!


ワタシの傑作を先に世に出した不届き者の名は・・・松本清張。


・・・自分で書く前にもう少し既存の作品を勉強すべし(恥)



 

ぼくらはアサリホリダー

GW最終日にやっとダンナさんのお休みが取れたので家族と娘のお友達コトノちゃんと5人で、やっぱり海へ(^^;


この日は三重県の海水浴場で潮干狩り。


海に慣れているうちの子どもたちは楽しそうに浅瀬をホリホリしているが、小学6年生ながらオトナっぽい雰囲気を漂わせるお友達のコトノちゃんは無邪気に泥んこまみれになるのには少し抵抗があったようで、こ一時間もしないうちに「疲れた〜」とギブアップ。それに合わせてうちの娘も一緒に浜に上がってしまった。


息子は小さいヤドカリやカニをおいかけて子犬のようにはしゃぐ。


いつものごとく、ダンナさんはそんな家族に見向きもしないでずんずん沖へと進み、あっという間に姿が見えなくなった。根っから「漁」が好きでたまらないらしい。


このあたりでは有名な潮干狩りスポットであるこの海水浴場、午前10時頃にはもう人でいっぱいになっていた。だだっぴろい浅瀬で老若男女が揃ってミレーの収穫の画に出てくる農婦のように腰を曲げて貝を獲っている光景はなんだか笑えた。


ワタシは子犬みたいにじっとしてない息子の監視役として来たつもりだったが、貝を獲るのはけっこう楽しくて、そのうちかなり沖まで進んでダンナさんに追いついた。子犬ちゃんはカニと一緒にちょこちょこついてきた。


「ばか貝(通称アオヤギ)」はたくさんあるのだがなかなか砂を吐かないので食べても美味しくないらしく、狙いはアサリ。スコップで砂の中を探っていくとところどころに貝たちが群れて潜んでいる。その群れを探り当てて掘り出すのが、とても面白い。沖へ進んでいくとときどき大アサリやハマグリもヒットする。一度「当たり」を味わうともう、やみつき。まるで漁師夫婦みたいだと笑いながら、ダンナさんと二人、夢中になって砂の中に手を突っ込んで獲物を探し続けた。息子も小さな手で大きなアサリをいくつも獲った。


周りを見るとオトナばかりだった。ときどき「おい、子どもらどうした?」「知らんで、どっかで遊んでるんちゃう?」とかいう私達くらいの年代の夫婦の会話が聞こえてくる。うちと同じパターンだな(笑)潮干狩りって意外とオトナの遊び(?)なのね。


そのうち昼になって娘達もお腹が空いたと私達を呼びに来た。干潮の時間も過ぎたので、名残り惜しいが引き上げることに。


獲りすぎても食べきれないからほどほどにしよう、と言いながら、つい獲りすぎてしまった。


収穫は全部でトロ箱(?)にどっさり2杯。直径30cmほどのボウルにアサリ、ハマグリが3杯、ばか貝6杯!


やっぱり、獲りすぎた・・・


それから3日間「いきなり!黄金伝説」風・貝づくし生活を強いられることとなってしまいました・・・(泣)


 


まず初日。


帰宅して家の庭でBBQ。大きなアサリやハマグリは網の上で焼いて食べた。甘い!ウマイ!!これは最高でした。コトノちゃんにもどっさりアサリのお土産を。


よゐこの浜口優を心の友としているダンナさんが器用に処置してくれたおかげで保存状態は良好、トロ箱の中で元気に水を吹いている貝達を見てひと安心。その日は皆ひどく疲れたため貝づくしは翌日ということに。


 


2日目。


貝料理のレシピを検索したところ、「ばか貝」の砂出しは非常に面倒であることが判明。


『まずよく洗い、熱湯にさっとくぐらせて「半煮え」の状態で取り出しすばやく殻をむき、次にぬるま湯のなかでひとつひとつお腹を優しく押して砂を吐かせます・・・』


え”〜〜〜!ボウル6杯分をひとつひとつやれってか!?


ちょっと気が遠くなった・・・


仕方ないので作業に取り掛かった。2時間かかって洗ってさっと茹でて殻をむき終わったところで、泣きたくなってきた。


そういえば、検索した砂出し法の最後にひとこと付け加えてあった。


「面倒くさい人、途中で失敗した人は、肝を取り除くか多少の砂は我慢してそのまま食べましょう。」


・・・我慢してそのまま食べることにした。


で、その日に作ったメニューがこちら。



・ばか貝のかき揚げ


・ばか貝と小松菜のからしあえ


・ばか貝ごはん


・ばか貝とキャベツのにんにくバター炒め


そして傑作がコレ!


・ばか貝のしぐれ煮


味はどれも悪くなかった。大きいばか貝を使ったにんにくバター炒めはさすがにときどき「ジャリ」っていう感覚があったが、それ以外は砂を感じることなく、家族の反応もおおむね良好。


ただ、量が・・・多すぎた・・・。貝類の大好きなうちの家族でも食べきれなかった。関係は無いと思うが、その晩娘が熱を出した。


 


3日目。


娘は朝から修学旅行に出発。前夜の熱は下がったもののまだしんどそうで心配だった。昨夜のばか貝ごはんが大量に残っていたが念のため食べさせなかった(笑)別に白飯を炊いてお弁当を作り、送り出す。


娘を案じつつ、その夜のメイン食材、アサリくん達を眺める。カタツムリみたいな触覚(?呼吸器?)をニョキニョキ出してまだ元気だ。さすがにもう嫌気がさしてきたが、命はありがたく美味しくいただかなければ。


3日目のメニューは、



・あさりの酒蒸し


・あさりのお吸い物


・ばか貝のチヂミ


やはりアサリとばか貝は違う!酒蒸しにしても美味い!お吸い物もグー♪チヂミは前日の料理の残りを使用。これもイケた。どれも、普段の料理でこれほどふんだんに貝を使えないのでそのボリュームがすごかった。


4日目の今朝はお吸い物の残りとしぐれ煮、そしていま、元気に修学旅行から戻ってきた娘はチヂミの残りを食べている。


やっと完食〜〜〜(まだしぐれ煮は残ってるけど)


海よ、ごちそうさま〜〜


 


来年は、獲り過ぎないぞ〜〜


 

冬眠生活の愉しみ

今夜はミュージカルのオトナキャストの集まりがあります。ずーっと楽しみにしていたんだけど、今朝になってキャンセルしました。


すごくみんなに会いたい。・・・んだけど、出かけるエネルギーが無いんですトホホ


昨日は、2年ぶりに再開するつもりだったバレエのレッスンも、美容院と病院の予約も、キャンセルしてしまって。


で、何をしているかといえば・・・ひたすら寝てます


なんでこんなに眠いんでしょう??


お酒をやめて強めの眠剤を飲み始めたせいかと思い眠剤をやめてみたら、まる一日眠れなくなって次の日は昼間ずっと寝てる、2日で帳尻が合う、みたいなおかしな睡眠サイクルができてしまいました。


こどもの居る時間は起きてできるだけ元気に動いているので、きっとGWの疲れが出たのかなと思い、朝の子どもの送り出しと洗濯と食事の支度以外は眠いときは寝る、という贅沢をさせていただいております。


そんな冬眠生活の中で唯一、ワタシが毎日真面目に取り組んでいるのが、


AXNチャンネルの「LOST Season1〜3連続放送」


を視聴すること。


ただいま、Season1のエピソード16・17まで来ています。


ワタシが「LOST」にハマりだしたのは1年前。AXNチャンネルの放送では「Season2」の終わり頃から。続く「Season3」はほぼ欠かさず観ました。


観たことのある方ならお分かりでしょうが、このドラマは最初っから何本もの伏線が非っ常に緻密に複雑に蜘蛛の糸のように、しかも長ーくながく張り巡らされているので、何かの拍子で途中からハマったワタシのような者は状況を理解するのが大変。


いちいち家族に「このひとなんで捕まってんの?」「このひとどっちの味方?」「ここどこ?」と質問してはうざったがられ、外国人キャストの顔は覚えにくいし、だけどなんだか中毒性のあるドラマで目が離せないし、もう一度最初から再放送されることを切に望んでおりました。


その念願が叶い、今ではLOSTはワタシの生活の大切な一部になっています(笑)。


昼・夕方・深夜と3回同じエピソードが放送されているので、アタマがぼんやりしていて字幕版で観ても話が理解できないときは吹き替え版で確認、というハマり具合。


おかげで日焼けの心配をすることもなく毎日ハワイの海岸とジャングルで過ごせるし(想像力って経済的)、しばらくご無沙汰だった英語も少しずつアタマの中に戻ってきました。登場人物の感情をもっとリアルに感じたくて、さらに他のドラマや映画でいろんな口語表現を意識して聞くようにもなったし。


・・・というのが家でテレビばかり観ていることの言い訳になるかどうかわかんないけど・・・たぶんならないなぁ(泣)


 


 


 


 


 

おいでなすって

しばらく来客中でした。


誰かというと、例のヤツです。


ミュージカルが終わった頃からちらちら姿を現し始めてはいたのですが、見ないフリをしていました。そしてワタシなりにいろんな作戦をもって戦っていました。


次の大きな目標も見つけ、それに向かって準備も始めました。


これまでは、そいつに飲み込まれて崖っぷちまで流され危うく何度も落ちそうになってました。


だけど今度はちがう。


「ワタシ」は「ワタシ」、「病気」は「病気」。はっきり、区別ができるようになりました。飲み込まれてたまるか、って闘志が沸いてきました。


それでもやはりワタシの戦闘能力はまだまだ低く、一方、敵は強大で、またまた苦戦。危うく飲み込まれそうにもなりました。


そんなときには遠慮せずに人に助けを求められるようにもなりました。


手をひっぱってもらうことを申し訳ないと思わずに、その手をぐっと握り返して意思表示をする、とても大切なことですね。


今は支えてもらわなければ立つこともかなわない自分でも、いつか大切なひとに手を貸してあげられる日が来ること、


自分がそのひとたちの存在をありがたく思っているように、ワタシもまた生きているだけでそのひとたちの支えになっているということ、


それを信じて、胸張って生きていきたいです。


ワタシはこんなに頑張って生きているんだ、って、今は自分をホメホメしてやれます。


自分を褒めてやれると、ひとのことも素直に認められるし、感謝が出来る。


ワタシのことですからまたすぐに挫けるだろうけど、挫けても立ち直り方さえ覚えていれば大丈夫でしょうきっと。


 


一万回ダメでも一万一回目はなにか変わるかもしれない、もんね。


 


 

プロフィール

D-nuts

Author:D-nuts
不惑の年にして戸惑いまくりの女の日記です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2プロフ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。